赤帽電脳運輸(千葉県千葉市)| 単身引越し | 貸切便 | 緊急配送

赤帽の単身引越し、緊急便など千葉・船橋・市川・浦安・習志野(津田沼)・八千代・市原ほか千葉県全域から全国へ!

*

3代目電脳号(赤帽サンバーS500J) フロントシェルフ自作取付

      2016/04/05


11月から乗っている3代目電脳号(サンバーS500)の運転席内の収納スペースについて。

2代目の時は運転席と助手席の間のスペースに15cm角くらいで深さもある収納があり、いろいろ詰めたり置いたりできたのですが、3代目は写真の通り、アメが5つほど置けるくらいです。
助手席にお客さんが乗った時には、脱いだジャンパーも置いておけません・・・。

それから2代目はATのコラムシフトでしたので足元のスペースが広く、引越し作業用の靴などを置いておけましたが、3代目はMTで足元スペースは運転席、助手席ときっかり分かれており、やはりお客さんが乗った時のために物は置いておけません。
 

そこで2代目には最初から付いていたオーバーヘッドシェルフを、3代目にも付けることにしました。
ルーフキャリアに続き、ダイハツハイゼットのオプション品の購入も考えましたが、自分で取り付けた人のレビューを見ると、そのオプション品でも取付けには運転キャビン内左右2箇所のボディ穴あけが必要なようでしたので、それなら棚も始めから自分で作ってみようと思いました。

ホームセンターで5mm厚の板(180cm×30cm)を買ってきて、長さを110程度、幅20cmに切って、あとは車に合わせてみて、角やルームランプ部を切り落とし、形を作りました。
幅を調整した時の端材で縁部分を作り、釘で留めました。

左右2箇所は穴を開け、ステイは以前初代にノートPCを載せていた時の台で使っていたものが流用できました。
フロント側は、ボディと天井材の隙間に引っ掛ける形で固定できました。

仕上げに合皮レザー生地を巻いて見た目を良くしたら、予想以上に色が合い、いい感じでした!
 

これでビニールに入れて靴も置け、輪止めもサングラスも折りたたみ傘も、、。カッパも上に移動しよう。
手間はかかりましたが、運転キャビン内の収納状態がものすごく良くなり、やった甲斐がありました。
 

 - 相棒・赤帽車の話

  関連記事

no image
3代目電脳号(赤帽サンバーS500J)ルーフキャリア取付

赤帽車が新しくなって1ヶ月経ちました。 使い勝手が良くなるよう少しずつ手を加えて …